2016年12月1日木曜日

すぽたん、北海道にお別れの挨拶⑤

お別れの朝札幌は快晴 駅前広場にはうっすらと雪が積もっている
時計台さんさようなら~ 小さいけれど素敵な建物

札幌駅の時計さんもさよなら~ 星の文字盤がかわいい
 「ああ、すぽたん。今度来られるのはいったいいつかしらん?
やっぱり足場がないとなかなか来られないよね。」
「うん。でも、おばたん、あちこちいったねぇ。行った場所の数では京都と並ぶかもね。」
「でも、まだまだ行きたいところが残っているよ。きっとまた来られる気がする。」
「そうだよね、おばたん。

おばたんとすぽたんが2年半にわたって結んできた北海道とのご縁は、これからは薄くなってしまうんでしょう。
でも、きっとまた行くからね!(誰に言ってるんだ?

新千歳空港

0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...