2016年11月30日水曜日

すぽたん北海道にお別れの挨拶④ スキーに行った!

「この冬は、北海道でスキーよね!」

















夏からの目論見がおじたんの急な異動でぽしゃりそうに・・・
でも、おばたんはあきらめなかったのだ。
「北海道なんだから、11月から滑れるスキー場があるんじゃん?」

おばたんの願いが通じたのか、北海道には異例の早い降雪。
検索では11月23日オープン予定だったスキー場が19日からオープン!
23日にはゴンドラ1本とリフト1本が動いているという。
二日酔いで渋るおじたんをせっついて朝もはよから、札幌国際スキー場に向かうバスに乗り込んだのであった。

札幌中心部は青空だったのに 郊外から山に入るとだんだん空が重たく沈んでくるよ。
そしてちらちらと小雪が舞い始める。
関東のようなぼってりと大きな雪片ではなくて、粉のような雪なので効率的に積もるわけではないけど、融けないもんだから地道に道路が白くなっていく。
スキー場はふわふわ雪で真っ白だった!

レストランの窓

道民のソウルドリンク ガラナ コーラに似ている

「わ~い!わ~い!、早く早くすべろ~!!」
心騒ぐおばたんだが、手ぶらでお越しなので、ウエアも道具も借りないといけない。
これが9000円、往復バス代とリフト券がセットで4500円、リフト用のICカードが500円、ロッカーが400円。一人15000円くらいかかった

なが~~~いゴンドラに乗って頂上に立つ。
何も考えず右に降りようとしたおばたんは、おじたんにとめられた。
「そっちは、上級者コース!」
「危なかった!」

スキースキーと騒いでいるけど、おばたん生まれも育ちも四国で、大人になってからちょっとやったことがあるだけ。しかも、最後にすべったのは四半世紀も昔のことなのだ・・・

でも、すべれるもんだね~
同じぐらいの下手さでおばたん、すべっていくよ。
新雪につっこんでコケたり、時々出ている枯草にひっかかったり、隣を駆け抜けるすごい人にびびってコケたりしながら嬉しそうに降りていく。
おじたんが二日酔いで気持ち悪くなって休んでいるのをしり目に、道民の中、一際目立つへったくそなおばたんのオレンジ帽子であった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しっかし寒かったよすぽたん。
山頂付近( スキー場のブログより) ちょうどこんな感じだったよ~
山頂は吹雪いて視界不良気味。気温はマイナス十数度で本当に指の感覚がなかったよ。
バンドエイドを巻いていた中指は完全にしびれて次の日の夕方くらいまで違和感があったんだよ。こんなのははじめてだった。
でも、ホントに楽しかったな!
リフト券がICカードになってて見せなくても、ピッてチェックできたり、板が短く丸くなってたり、リフトがみんなフード付きだったり・・・昔とは違うねぇ

0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...