2016年6月29日水曜日

三陸へ行ってきました②



二日目
昨日の最後の文に続きます。
ウレイラ山は濃い霧がわき出る山。
石灰岩でできた山に霧がわき、雨がそそいで長い年月の間に大きな穴ができました。
これが「龍泉洞」なんだよ。

おばたんは、高知の龍河洞には小学校の修学旅行で、
山口の秋芳洞には中学の修学旅行でいったそうだ。

「わはは、これで日本3大鍾乳洞制覇だ」といばっている。

龍河洞は鍾乳石や石筍が多くてちょっと美術っぽい。
それに比べるとここは、地味で暗い洞窟という感じだが、地底湖がすごい。
水の透明度は世界一で、深い深いドラゴンブルーに輝く。
お水もおいしいよ~


洞窟の外は梅雨晴れ!















この後、また海岸へ出る。
「田老」
このあたりからおばたんもボクも、心が痛む地名に次々と出会うことになるよ。
三陸海岸という名前は陸奥、陸中、陸前の三つを合わせたものだけど、あの津波で一番被害が大きかったのは陸中から陸前にかけての、一番デコボコの多い海岸線を持つ地域だった。
一番美しい海岸は、一番恐ろしい海岸でもあるんだね。

ここが「浄土ヶ浜」だよ~
透明な水がキラキラ光る。松は南部アカマツ、岩は白亜紀の火山岩で石英粗面岩という岩と聞いたが。



海水浴もできるみたい
仲良く並んで出番待つスワンたち

龍泉洞と浄土ヶ浜はセットで旅情サスペンスの舞台にもなる。
つい最近もおばたんが沢口靖子の鉄道捜査官シリーズ(再)で見ているのを目撃したよ。
このあたりは景観を守るため自然のままだけど観光地じゃない浜辺は・・・こんなふうに


高いの低いの・・・壊れた防波堤だらけ。
「宮古市」
「山田町」
「大槌町」
「釜石市」
「大船渡市」
「陸前高田市」
「気仙沼市」
「南三陸町」・・・とバスは走って行ったよ。
大船渡市三陸町付近

陸前高田 海から山の方を望む

津波の遺構。画面左寄りの三角は道の駅。真ん中に奇跡の一本松。その右も残った建物(車窓からなので見にくいけど)

新しい水門

生徒たちはみんな高台に避難して助かった中学校の校舎

バス停の向こうに堤防の残骸が残る

みんな なくなってしまった

TVで目にしてた被災地の瓦礫は、すっかり片付けられ、まるでピラミッドの建設中のように黄色っぽい高い盛り土が出現している。
かさ上げされた復興道路を走らせてもらうが行き交うのは、ほとんどダンプなんかの大型車両。
新しく立て直された建物の上の方に「津波到達点」のしるしがある。
バスのずう~と上の方だ。
「この道を走るのはほんとに胸が痛い。だってこの道の土の下には私の知っている家やお店があったんですよ。」とガイドさん。
「このあたりが街の中心部だったんですよ!」
「ここにお店があったんですよ」
でも。
つい近所にあった1軒の建物でも、壊されて整地されると元がなんだったのか思い出せないものだ。この黄色い、何もない空間にあった家や人、生活のことを想像するのは結構難しい。
ほんとに何ももないんだもの。
人的被害がなかった建物だ、ということで残されたわずかな「津波遺構」がぽつんぽつんと残っている。人が亡くなった建物は残せないんだって。
見ると辛い人がいるからだって。
ぼくも、「遺構」はいらないものだと、見るまでは思っていた。
でも、人は、想像力貧困で忘れやすいものだから「遺構」にも意味があるという気がしている。

根元が50メートル、高さが14メートル?の大防波堤のそばで地元の自称「中高年のアイドル」観光協会の人が語っていた。
「ここの津波15メートル越えだったんですよ。なんでわざわざ造るのに14メートルなんですかねえ。」
「津波は急に来ません。地震があって、しばらくしてから来るんです。
津波の前には、海がすごい勢いで沖へ引く。海辺に住んでるものはその引き方を見てどのくらいの津波が来るかがわかるんですわ。
こんなもんで海を見えなくしてどうするんですか。却って逃げ遅れる。
コンクリートの寿命なんて高々60年ぐらいですよ。
高さも強度も中途半端で、ゼネコンが懐をあっためるだけじゃないですかねえ。」

気仙沼市で働いているおばたんのお友達は
「オリンピックでゼネコンの作業員が引き揚げてしまって復興が後回しにされていくのがつらい」といっていた。

現場で働く公務員や作業員はそれぞれの持ち場で一生懸命にやっているのに、そこで暮らす人の声は生かされてなくて、お金や国のイベントの都合でどうこうなるってどうなの???
次から次へと災害が起きるから、みんな次々に忘れていく。
報道がまばらになっていくと「もう終わったのかな」という気になるけど、まだまだこれからなんだよ。



お泊りは「南三陸町」で唯一残ったというホテル。
全室オーシャンビューというすてきなホテルで、美味しく飲食&温泉。

アワビステーキ♡














「これでいいのかなあ」とすまない気持ちになる。
ご飯の時に話しかけてきたホテルのお兄さんのアクセントが関西だったので
「どこですか?」
と聞いたら
「僕、大阪です」と言う。
「高3の時神戸の震災で父親とボランティアに行ったんで
3.11の後も会社休んでボランティアに来てたんですけど、結局会社辞めてこっちに就職しました。」
すごい行動力だなあ。
「いえいえ。
みなさん、何もできなくて・・・っておっしゃるけど、来てくれるだけですごい支援になります。
今、してくださる支援としては東北に来てくださることです。」とホテルマン氏は言うのだった。
ウミネコのサム ホテルの窓に遊びに来た人語を解する??


③・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三日目は「松島」
古来有名な景勝地。
湾内のたくさんの島のおかげで津波の威力も軽減されたそうで、海際も昔に変わらずにぎやかだった。
過去2回来たことがあるが、初めて遊覧船に乗った。
若い時は遊覧船には乗りたくなかったよ~。これに乗ってみるか、って思うってのが年とったってことだよね~。と思うおばたん。
瑞巌寺は修復中でちょっとゴタゴタしていたが本堂の障壁画が鮮やかになっていた。
松島の牡蠣でっか~い いっしょに行ったおばたんたちが関東の人なのに牡蠣は広島でしょって言ったので
ちょっとびっくり。
この写真はTさんのベストショット



穴が4つ空いた島 


仙台駅までのバス道の両側に広がる青々とした耕地。

地震の後の津波の第一報でみたのが波に飲み込まれていく ここの映像だった。
こんなに手をかけて大事にされているものが、こんなに簡単に壊されていくのかと茫然とした。
「また、青々とした耕地に戻せてよかった」
バスは、20数年前に住んでいたところのすぐそばを通って仙台駅についたよ。

ふ~
疲れた~
長々としたものになってしまったけど、おばたんとボクが見てきた三陸です。

三陸に行ってきました①

ぼくとおばたん、虹のしっぽ展の直前ではありましたが三陸ツアーに参加してきました。
おばたんのやつ、震災以来行きたい気持ちと行くのが怖い気持ちの間でぐずぐずしてて、
その上最近では「今さらノコノコ行けないわ」とか思ってたようす。
でも、やっぱり行かないより行った方がいい。
添乗員のお兄さん手作りの松島の地図だよ
今さらだろうが、今からだろうがみんなも行って下さ~い!
入場券のみなさん
①・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おばたんたち4人組は、大宮駅7時42分発という早い新幹線で盛岡へ。
内陸の盛岡からバスでさらに二戸まで北上し、久慈まから海岸線にほぼ沿って松島まで南下してくるという2泊三日のコース。
ずっと左側に海を感じた3日間だったよ。

 「陸中野田」という駅から「普代」駅まで三陸鉄道北リアス線に乗車。
「あまちゃん」で有名になった海辺を走る単線の電車だ。
たくさんの観光客に埋もれて、お砂糖の袋を持って爆睡しているジモティの女の子一人。
「電車でお使いに行ったのかな。」

ここの海水は釜煮で製塩されこんなふうに牛方さんが内陸各地へ運んだそうだ。野田塩として有名らしいよ

あまちゃん気分で先頭車両から海を見る
プチノリ鉄のおばたんにはうれしい
梅雨にも関わらず晴れて海が青い。
お天気はどんどん良くなり、景勝地「北山崎」に着いた時にはこんな海が広がっていたよ。

またまた落ちたら大変なところへ行くすぽたん

こんなにずっと向こうの岬まで見える日は少ないそう



「わ~きれい!」
「あ、キノコが生えてるよ」
「すぽたん、写真とってもらいなよ。」
梅雨なのでキノコが生えている
三陸の海岸にはアカマツが多い。アカマツと言えば松茸ですな。
くんくん、これは・・・?


うっ!毒?


















ガイドさんのおススメの「板昆布」というおつまみ。
41人のツアーのほとんどが70代とおぼしき人たちだったんだけど、小さいお店に殺到して板昆布を買い占めてしまったのにはびっくりしたよ。
ボクが毒キノコ?と戯れていたわずかの間に、試食の箱も昆布の粉だけになってしまっていた。
買えなかった人たちの心に灯る小さな怒りの炎、メラメラ。
「安心してください。もう一か所買えるところがあります。」
ガイドさん、いろんな意味でベテランである。

1日目は少し内陸に入って岩泉でお泊り
「ウレイラ山」という石灰岩が露出?(岩は露頭というのかな?)した山のふもとのホテルに宿泊。
ウレイラとはアイヌ語のウレラ(霧が取り巻く)からのネーミングらしい。
霧が多く、地下水も豊か。
それが石灰岩を溶かすと・・・・




2016年6月23日木曜日

虹のしっぽ展 搬入日まであと1週間!

7月2日が搬入日。

とても持って行けそうにない量なので
今回も黒猫宅急便にお願い予定・・・とすると木曜か金曜には荷出しせねばね!

というわけでとりあえず出来上がったことにして絵を額に入れました。
狭い部屋の中はシッチャカメッチャカです。
20年以上前、童画グランプリの時もらったアクリル額2つをまだ使いまわしている貧乏なおばたん。
もう2枚は近所の額屋さんで買ったもの。
その額屋さんもおじさんが腱鞘炎が酷くなってお店やめちゃった。
偏屈だけどプロっぽい人だったのにな。
みんな寄る年波には勝てないのね。とほほ。
前回の作品を出してファイルに入れて今回のを額に入れます
雨が上がってカッコウが鳴いてます。
あのカッコウを育てたのはどの鳥なのかな・・・・

2016年6月18日土曜日

サクランボ、食べ過ぎにはご注意!

すぽたん、知ってた?

サクランボってね、可愛いけど 可愛いからって食べ過ぎちゃ大変なことになるんだよ。
とくに子供やおばたんは。












昨日、お友達に「サクランボ狩り」に連れて行ってもらったのね。そう、「園内小さなバッグも持ち込み禁止」だったから、すぽたんにはお留守番してもらったよね。
夜に降ってた雨も上がってきれいな空。
おばたんたちの士気は上昇気流に乗ってマックスまで上がったわ。

ほら、富士山も応援してくれてる!

入園料2000円の元を取るべく食べる食べる。
「ああ、もっとこのかわいい輝きを眺めてゆっくり賞味したい・・・」と思わないでは、なかった。なかったけど・・・物欲と食欲が…
今にして思うと 物欲>食欲だったね。
つやつやと輝くサクランボ

農家の人が丹精込めたルビー、まさに珠玉?






















軽くバチが当たったのかな。
ゆっくり食べてた一人を除いて5人中4人までお腹が痛くなって大変だったの。
サクランボの名誉のために言っとくけど品質とかの問題ではないの。

後で友達が調べたところによると
サクランボには「ソルビトール」っていうお菓子なんかにも使われてる成分があって、それがお腹を弛める働きがあるらしいのね。
普通に食べてる分には大丈夫。
でも、あんなに、食べちゃいかんわな。

痛むお腹をさすりながら
「ああ、私は絶対大きなつづらを選ぶよくばり婆ぁの方だわ・・・」とちょっと悲しくなったもんだわ。

でも、1人じゃなかったからおかしかった!

腹痛もセットで楽しいサクランボ狩りだったよ~。
サクランボ、すごく美味しかったし。
「もうすぐシーズンも終わりだから、一年分食べて行ってね」と農園のおばあちゃん

2016年6月16日木曜日

ひとやま越えました

6月に入ってから頭に音符を立てて一生懸命頑張っていたおばたん、
最後の力を振り絞って「なんちゃってミュージカル」マンマ・ミーアの舞台を終え、月曜はバッタリ!
火曜からは♪「ロッキーのテーマ」と共によろよろと立ちあがって「虹のしっぽ展」に向かって歩きはじめました。
・・・走りはじめました」と書きたいところだけれど、遅いんだもの。


おばあさんが、しょっちゅう
「私、こんなヨボヨボちゃうかったのに。
去年まではもっと、パッパと動いてたし、姿勢もしゃんとして
何でもうまいことできとったのになあ・・・」と愚痴っていて、
「え~?そんなことないですよ。
もうここ数年そんな感じじゃないですかぁ」とかズケズケコメントするおばたんに、
おばあさんは、
「いやいや、そんなことあらへんで!ここ最近や!」
と頑張るんだけど

自分の感覚って客観的な評価の後をついてくるのかもね。
おばあさんと同じくおばたんも
「最近疲れやすいなあ。去年はもっと頑張れたのに・・・」とか思ってるけど、
周りの人は数年前から「おばたんも年よのう・・・」と思ってるのかもね。


お友達のおうちのワンコが亡くなったという悲しいしらせ。
家族をつなぐという大きな役目を 2キロに満たない体でしっかり果たしたワンコ。
余りに可愛がられてて、お留守番もできない甘えん坊だねなんていわれてたけど、家族の愛に応えて何度も死線を越えて頑張ったえらい子だ。

ポポが死んじゃった時のことなど思い出している。
悲しいことは、口に出さないより、がんばって話題に載せた方が早く元気になれる気がする。
そうすることで、心の中でその子がしっかり生き始めるような気がする。


梅雨に入ってるわりに雨が少ない。
東京の水がめがピンチらしいが
もやっとした空気の中植物たちは元気だ。
ぶどうも青い実がついてます

毎年咲くユリ

去年西武のユリ園で買ってきた子も咲きました





















ソヨゴの葉っぱがまた増えた。
北海道から来たバラはどうなったかって?
元気なピンクの子は鉢のままで花をつけたよ。
弱っていた白バラは地面に放したら復活。新芽が伸びてきたから大丈夫だと思う。
元気に咲いたイングリッシュヘリテージ 丸くてふわっとしてかわいい♡

2016年6月2日木曜日

その後のソヨゴ

以前、おばたんが信州在住の絵本作家H君から、ソヨゴの鉢植えを送ってもらったのを覚えておいでだらうか?

最近心がブラックになりがちなおばたんのこととて、「かのソヨゴもさだめて枯らしつるか・・・」とお思いの向きもいることだらう。
そんなことはないのだよ。
長らく動きのなかったフタバであったが、初夏に至って新芽が出で来で4鉢とも無事成長中なのだよ。ほ~ら見てごらん!
謎の植物が2種同居
ここはソヨゴのみ



左上なんだろう?
右にアケビみたいなつる植物が・・・

庭土に混じっていた謎の植物の芽も出てきた。何なのか楽しみなので しばらくこのまま育ててみるね。

今日は晴れて湿度が低くてお絵かき日和。
だけど、もうひとつエンジンがかからない。
かかるきっかけを毎日探っている。
今日は、いつも来てくださる人たちに、しっぽ展の案内状を発送する予定。
包囲網が狭まって行くぞぉ。
と、思いながらもプラプラ・・・

先月上野の若冲展の混雑に懲り懲りしたのでTVで特集しないうちに行こ!っと新国立へ「ルノワール展」に出かけた。すでに結構混んでいたが日本初公開という絵の前も時折隙間ができ、近くで見たり離れて見たりできた。ダンスの絵、子供たちの絵、家族の絵・・・平和で幸せてあったかい絵がいっぱいで楽しかった。
たまたまチケットがあったのでハシゴしてサントリーの浮世絵の展示も見てきた。こちらも広重、北斎の傑作が並んで充実の展覧会。ただ、平置きで並べてるのでみんな解説を丁寧に読み込んでいるので進まない。なにかもっといい方法はないのかなあ・・・。
展覧会は、けっこう消耗するね。
去年宮城の岩出山の仙台藩の学問所址で拾った団栗も

フムフム、これがDragon Eyeか~

6月8日。 ボクとおばたんは、岩手県と秋田県の境にある八幡平にいた。 本州も梅雨入り、東北の空も雲に覆われて微妙だ。 おばたんの「晴れ女」パワー持つかなぁ。 八幡平は火山。爆発したときの火口に水がたまった沼があちこちにあるよ 多分シラネアオイ ...