2019年6月15日土曜日

すぽたんの新幹線途中下車 今回は新大阪で下りて石切神社へ

どっぷり梅雨に漬かってしまいましたねぇ。今日も明日も雨らしいよ。

6月4日。母のご機嫌伺いの前後につけた途中下車の旅、行きは新大阪で下車したよ。
学生時代の友人3人で石切神社の近くで1泊と言う計画。
「病み上がりでパフォーマンスは平時の4分の1やわ」という友人を励ますべく、の集まりだったのだけど、行先も宿も彼女が手配し、
お宿でも
「ちょっと氷もろてくるわ」
「明日は●●時起床やで」
「はい、ここから電車乗るよ。切符ない人は買うてや」とてきぱきと采配。
おばたんの帰りまで時間があるからと翌日は大阪城公園まで付き合って案内してくれたのでした。

そうそう。
学生時代から頭の回転がとにかく速く、考え方が合理的、行動に過不足がない、ぶっきらぼうにみえるけど責任感と情のあるひとだったわ~と改めて思い出したのでした。
このパワーで早く完治してね!
ホテルからの夜景 右奥地平線にぽこっと高いのがアベノハルカスだって

お泊りしたのはホテルセイリュウというお財布にもそこそこ優しい小さいホテル。
ロビーのたたずまいは日帰り温泉?なので正直あんまり期待してなかったんだけど、快適でご飯がおいしかった!
夕食は「品数は多いけど、中身が少な目だな~」って思ったんだけど、一つ一つがいいものでおいしく作られていたので食べ終わったら満足だったし、朝ごはんも特に変わったものはないんだけど、「シェフの手作り」が多くてどれも美味しかった。
やっぱりご飯がおいしくなくては大阪ではやっていけないのに違いない。
(特にたこ焼きが最高だった!朝ごはんにたこ焼?って思ったんだけど「いやいや、せっかくだからやはり食べてみねば・・・なんと!外側はいい具合に粘りとカリッが同居し、中はと~ろとろの熱々!口の中が一時大変なことになったけど出汁の味とタコの食感がぼ~っとしたおばたんの朝の脳みそを叩き起こしてくれたのだ。
やっぱり大阪のたこ焼恐るべしや~
また食べたいなあ。)

 石切神社は、(おばたんは今回初めて知ったんだけど)古い立派な神社だ。
正式には石切劔箭神社(Ishikiri turugiya Jinzya)という。室町末期、兵火で社殿宝庫が焼失したため記録は失われたそうだが、天孫降臨にかかわる由緒ある神社らしい。


左は御神木のクスノキ


石の亀たち お腹の中に願いが書かれた紙を抱いていて ここでずっと祈り続けるんだって・・・
ちょっとうるっとしないかい?


Eちゃんがいうには「神武が東征の途中、この辺も滅ぼしちゃろと思てきたら、ここの祭神のニギハヤヒのミコトが天孫の証の品々を見せたので「ほな、おれら親戚やんな。」と言って何もせんと去ったんやて」だそうだ。
宝物館には「石切丸」「小狐丸」などの刀剣や銅鏡があるそうだが公開日でなかったので見られなかった。
お百度を踏んでいる人がいっぱいいた。これはあちこちの神社に行ってもあまり見たことがない光景だったよ。きっとご利益が大きいんだろうね。

参道も面白いのよ。
生薬のお店が多い



赤まむしの社長の出身地らしい ここに店があったとか

神社のそばにその東征の途中立ち寄ったという神武さんが祀られている祠がある


日本中の参道が「小町通り」化していく中で、昔ながらの参道観を保っていて素敵だ。できれば売り上げが悪くてもこのままでいてほしいとおばたんは切に願う。

おばたんはこんなお薬を買った。
胃腸薬 陀羅尼助丸 友達が「効くよ」と 

大人は1回30粒 添付のおさじで10粒計量できる!

友達二人は、参道の花苗やさんで種しょうがを買った。プランターに植えるそうだ。初秋二人が、たくさんのしょうがが収穫できますように。

大阪城公園は、とってもオサレできれいになっていた。
今回城のそばまでは行かなかったけど十分楽しめたよ。
「あたりまえやん。お城は中入るもんちゃうねんで。」とはEちゃんの言である。
外国のお客様がいっぱい


これに乗って公園内を回ろうと思ったら待ち時間がすごかった。「うちら以外は外国の人やん!」






















2019年6月3日月曜日

アゲハの幼虫が常駐!青虫は嫌いだけど・・・

こんな小さなみかんの鉢植えを 空のどこからみつけて卵を産みに来るんだろう??
今年も春以来アゲハ嬢がやってきて卵を産んでは蝶になり、(多分だが)里帰り出産をくりかえしている。

一時期に住むのは限定2匹、と管理人のおばたんが決めているのだけれど
アゲハ嬢は「ニホンゴワカリマセ~ン!」
次々産んでいくのでみかんにとってはかなりハードだ。
たまごや1mm位の幼虫だと非情に落とせるんだけど・・・
いや、卵と言ってもちょいっと乗っかってるだけではない。
けっこうしっかりはっぱにくっつけてあるので落とすときには、とっても「ごめんなさい」の気持ちになるよ。
初めのうちは黒い。パンダ虫とも呼べよう。下の方にも孵りたての子がいるよ

まるまると太ってきた青むんむん(仮称)

でかい!木の下にはうんちと怪しい液体がいっぱい落ちている。青むんむんもそろそろ幼虫時代は終わりか?

いよいよさなぎになるんだな。幼虫は木を離れてよいしょよいしょと壁を上って行く。がんばる青むんむん。
本気を出すとこんな壁ひょいひょいさ!そして、見えないところで蛹化して蝶々になるみたい。

春浅いころの虫は小柄だけど、最近の子はでかい!
もりもり食べて丸々太る。

猫額園にはさらにさらに小さい山椒の鉢植えもあるのだけど、こちらはすでに丸坊主になってしまった。でも、パンダ状態のが2匹いるよ~、どうなるのかな?
20cmくらいしかない山椒

キアゲハも来るよ。
こちらの食草はせり科。狭い庭に自生した三つ葉を食べる。
明日葉でかえったキアゲハ
パクチーも食べると思われる
ミツバのキアゲハ 派手派手のしましまだ
でも、今年は見てないな・・・・
も、もしかして?
卵がついてるのを知らないでおばたんがお吸い物や卵とじにしちゃったんじゃないだろうね???
卵とじってそっち?
ギャ~!!!





2019年5月25日土曜日

Yokohama rose weekに行ってきたよ!

毎年わが町で開催されていたバラとガーデニングショーが前回20回を最後になくなっちゃってた!ということを知って、なんとなく寂しかったおばたん。
お友達が「横浜のバラを見に行こうよ!」と言うので喜んで電車に乗りました。
まるでプラレールのようにつながる電車線のおかげで最寄駅から1本で中華街まで行けちゃうんだもんね~。
ガーデンベア君

久し振りの…引っ越して以来だから20年以上来ていない「アメリカ山」から「港の見える丘公園」そして「山下公園」から中華街に出て帰って来ました。
「中華街駅」出口を選ぶと坂を上らないで「アメリカ山」に出られちゃうんだね。
お花見隊の隊長の事前調査のおかげで無駄なくのんびり1日を過ごせたよ。
アメリカ山公園ではこどもたちが跳ね回っている


いちばん♡だったのは「港の見える丘公園」
建物はイギリス館

木々の間にベイブリッジが見えるね

青空に映える

燃えるような

黄色とブルー、似合うね

ここは、とてもすてきになっていたよ。
昔もバラは植わっていたとは思うんだけど、
よくある「ローズばっかりガーデン」ではなく、
もともとの植栽を生かしつつ(たぶん)徐々に整えていったんだろう、イングリッシュガーデンとたくさんのバラが、ぎりぎりのバランスでお互いに引き立てあっているように見えたよ。
水盤に花が浮かべてあったそうです。見られなかったので隊長の写真を借りました

「う~~ん、さすがYokohamaだね!」
さいたまにもこんな風なお庭公園がほしい~

「フランス山」経由して
フランス山から下りる道も整備されていた。昔はふつうに山道だったような記憶が。
廃墟になったフランス領事館のよこに大きな風車が立っていた。
風車が立っていた


「山下公園」
「おお~!」
修学旅行生や観光客でとてもにぎやか。
いい天気だし、祝祭感上昇↑↑
氷川丸とバラ


ポートタワーとバラ

絵を描く人と氷川丸

そしてここのバラは、色合いや種類が賑やか系?
これは隊長の写真かもしれない お借りします
赤いバラと黄色いバラが一緒に捲きつけてあったり、黄色いバラのよこに紫のクレマチスが添えてある。
中華街が近いせいかな~??
先週まではいろいろなイベントがあったらしく空っぽのテントがたくさん残っていた。

「中華街」を通って駅へ
公園ではつまらなそうだった修学旅行生がとっても楽しそうにしていたよ。
そりゃそうだよね。
こんなすごいお寺ができているのも知らなかったぁ!

デイサービスから家族が帰ってこないうちに戻らなくっちゃ、と言うことで足早に通り過ぎた中華街。(隊員のほとんどは高齢者お世話係なのだ)
帰りは、最速の直通電車を選んだので3時48分に中華街を出て、5時10分には最寄駅に着いたよ~!
「楽しかったね。きれいだったね~」と
バラの彩りと香りでいっぱいになって帰って来ました。

今回すぽたんはお留守番でした










2019年4月27日土曜日

ムーミンバレーパークに行ってきたよ!

いまSaitamaでもっとも熱い?スポットと言われている(かどうかわかんないけど)
飯能市にあるムーミンバレーパークに行ってきました。





ここは、ずっと前から沿線住民のピクニックスポットだった宮沢湖とその周辺の森をほとんどそのまま使ってムーミン谷を再現した公園なのだ。
気候帯が違うので針葉樹の森ではないが、それなりに雰囲気は出ている。


この辺は無料エリア お散歩によさげです

そう。公園って感じだな。
テーマパークと言っちゃうとどうしても皆さんディズニーやUSJを想像して「こんな何にもないところ、ありえない!」とかになっちゃうでしょ。
劇場 スナフキンとムーミン 飛行鬼の帽子の話だった
無料ゾーンと1500円払って入る有料ゾーンに分かれていて、更に中にいくつかの有料の建物がある、という課金方式。
1000円払って入ったムーミン屋敷の壁 ムーミンのレントゲン写真らしい
ムーミンの着ぐるみショーやトーベヤンソンの作品やムーミンの映像の展示があって、これが充実していたよ。
子どもたちが遊べるフィールドアスレチックのコーナーもよくできていた。




連休前の平日で大雨予報だったせいか、人が少なくて
「開園したばかりなのにちょっと心配・・・」って思ったけど、ほんと大丈夫かな?

これからどう変わっていくのかわからないけど、今は大きなワンコ連れの人もいてのんびりしたいい雰囲気です。近郊の方はおでかけくださいませ~





2019年4月20日土曜日

あんずの里は花盛り!・・・・・デシタ

「最近更新がないね、元気?」と友達からラインもらいました。
「元気ないのよ~。体調も悪いし、強迫神経症で鬱っぽいっす」




















介護問題にぎゅ~ぎゅ~と簀巻きにされててなかなか外に向かって書くことができないでいます。が、頑張って「あんずの里」へ行ってきましたよ。

ホントに「頑張って行った」なの。
もともと外出の時に鍵や火の元が異常に気になってぐるぐる何度も確かめないと出られないんだけど、最近はその症状がひどくて、20回も見たのに駅に着いてから
「あれ?エアコンは見てない!」と思って15分も歩いて帰宅。
夕方、仕切り直して出発したんだけど電車に乗ってから今度は
「二階の窓は大丈夫なの?」と胸がドキドキ・・・。一回電車を降りてしまいました。
さすがに「閉めたはずなのにこんなに気になるのは異常だ。ここでまた帰ったら、私の行先はあんずの里より病院だわ」
隣の人に見てくれるようにラインしてから、心に鞭をバチバチ打って電車に乗りなおしたのでした。
ちなみにエアコンも窓も大丈夫でした。
でも私の脳はちょっとヤバイまま。

さて、あんずの里です。
今年はちょうどいい時期に行き合わせられて、のどかでほのぼの・・・心休まる時間でしたよ。
更埴の杏はその昔、松代の真田に伊予の松平から嫁いだ姫が故郷を偲んで持ち込んだ苗木がもとだそうな。オバタンが学生の頃にはもう有名だった。普通の民家もある地域全体があんずの里として今ではずいぶん整備されている。ちょうどいいぐらいの整備加減なのでこれ以上やんない方がいいなあ。


ピンクのあんず

白っぽいアンズ

 戸隠連峰の高妻山だそうです



この近くにカタクリの自生地があるということでそこにも立ち寄ってきました
カタクリの山道のみちしるべ


林の中に意外に大きな花がぽつぽつと・・・



あんずの里に行ったのは4月6日。
あんずの里更埴(Kosyoku)は花盛り!でした。














すぽたんの新幹線途中下車 今回は新大阪で下りて石切神社へ

どっぷり梅雨に漬かってしまいましたねぇ。今日も明日も雨らしいよ。 6月4日。母のご機嫌伺いの前後につけた途中下車の旅、行きは新大阪で下車したよ。 学生時代の友人3人で石切神社の近くで1泊と言う計画。 「病み上がりでパフォーマンスは平時の4分の1やわ」という友人を励ますべく...