2016年12月12日月曜日

こうろんの結婚

昨日はこうろんの主催で「両家顔合わせ」と言うものがあった。

二人とも今時の習ひにて1年ほど前から一緒にいて、それぞれに相手の家族の主要メンバーとのお付き合いは重ねていたのであるが、昨日初めて「揃ってご挨拶」となったのだ。

結納とか婚約指輪を贈るとか、一切なし。
父母から「こうするべきだ」とか「将来はこうしてほしい」みたいな責任を背負わされることもなし。
全部二人が決めて軽々としている。

ひとつだけ、向こうのお父さんから
「あれやってくださいよ!」と言われて
「おじょうさんをください」をやっていたが、
実際のところは、
二人がそれぞれの家族の中からひょいっととび出して新しい家族を作りました!って感じだ。
書いてきた婚姻届の証人欄をここで埋めて、このあと提出予定だそうだ。
「ええ~?ふつう何かの記念日にするんじゃないの?」
この気軽さには同世代?のあいぼるもびっくり。

「ゆとり」とか「草食系」とかにそのまま入りそうな二人は、冬の青空みたい。
こ~んな空。   会場近くの某大学講堂

昭和のおばたんはまだいろいろ背負わされているけど、こうろんについてはスタンプを押して軽くなったのでした。
ずっと仲良くやっていってほしいな♡
二人からの記念の品 てづくりカレンダーとペンギンクッキー

0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...