2017年1月21日土曜日

おばたん、「キンカンしごと」をする

「梅しごと」という言葉は聞くけど、
「金柑しごと」はないのかな?

お友達が寒風吹きすさぶ中、金柑をたくさん取ってきてくれました(*^。^*)
蜜柑の仲間って 痛い長い棘もあるしたいへんだったよね。


第1陣は 半分に切って種を取って「はちみつ漬け」に
つくりながらかなりおばたんの口に直行。種がきれいな緑色

第2陣をもらったのでこちらはお砂糖少な目で「金柑酒」にしましたよ。

飲みごろには金色になって、ちょっぴり苦みもあって
ブラッドベリの「たんぽぽのお酒」は、これに似たものではないかと思ったりするのです。

夏の太陽をつかまえて瓶に詰めたのが「タンポポのお酒」だとすると、「金柑酒」は冬の陽射しをつかまて瓶に詰めたものだな・・・



0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...