2016年2月19日金曜日

猫額園にソヨゴが来ました

長野県に住んでいる絵本作家のH君から 「ソヨゴ」の苗が送られてきました。
H君が、ずいぶん前に、フェイスブックかブログに 
庭に生えている「ソヨゴ」の樹のことを書いていて
「え~ソヨゴって、葉っぱがソヨソヨって鳴るからソヨゴだったりします?」と食いついたおばたん。
「ソヨソヨ鳴るところを見たい!」
というおばたんのために 実を植えて育ててくれていたのです。
実生っていざ育てるとなるとなかなか難しいもので、数年越しで育ててくれていたのです。
彼のおうちの優しいメンバーのお顔が浮かびます。
むふふ。
コナラの葉っぱに守られてやってきました


丁寧に梱包されてやってきたソヨゴたち。
「大きくなると2メートル」だって。

狭小猫額園でも、なんとかなるかな?
地植えにして困ったことになっている「給食のビワ~」に学んで鉢植えで管理する方向で行きたいと思います。
心配なのは、所沢の夏の蒸し暑さだわ。
あまり植物を枯らさないおばたんだけど、去年は富良野育ちのラベンダーちゃんがダメになってしまった。
まあ、あの子には無理させちまったよね。いきなり20度くらい気温差があるところへ来ちゃあ・・・
今回は、まだ寒い時期からだんだんに慣れてもらおうね。
(夕刊の連載小説の影響で下町のおかみさん口調)
狭いところでごめんね。半日蔭がいいようなのでキンモクセイの下にすんでもらいます。

 
















無事大きくなって ソヨソヨ葉擦れの音を聞かせてね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...