2016年2月10日水曜日

都の景色3つ

都の景色、僕が一緒だったのは京都だけ。
あとはおばたんと有閑倶楽部のおばたんのお出掛けだよ。

1景 東寺
まずは帰宅途中のいつもの新幹線途中下車の旅で立ち寄った京都「東寺」
素晴らしい仏像がいっぱいあるお寺。
新幹線の線路がすぐそばを通っているので京都といえば東寺の五重塔が目に浮かぶよ。
冬の京都すいている。
特別公開で五重塔と潅頂院の内部も見られ、ガイドさんの説明もゆっくり聞けた。
意外なことに中国の団体さんがいなかった。
3時間ほどの滞在だったけど、晴から時雨まで天気もいろいろ味わえたよ。
特急券は割高になるけど、わざわざ行き直すよりはよっぽどお得な新幹線途中下車の旅、やめられまへん。

五重塔の心柱の工法はスカイツリーにも応用されているらしい

境内の隅に不動明王さんの石仏

梅の花が咲いていました

2景 上野
おばたんは、ともだちと上野のボッティチェリ展に。
ボッティチェリが愛称だったとはびっくりこ!
「小樽ちゃん」(おたるとちゃうで、こだる
こんなあだ名で通ってるってきっと親しみやすい人だったのかな。

きれいな絵がいっぱい来ていました。
南米音楽の生演奏が流れるうららかな公園内は、修学旅行の子が目立ちました。
そういえばここも中国の人は少な目。
聖母子像のポスター
画材に金箔やラピスラズリを使った実物、美しかったよ

寒桜がほころんでいました





3景 スカイツリー
おばたんは、お友達に誘われて、二階建てバスだけど決まった路線を走っててその間で乗り降り自由・・・という
路線バスと観光バスの中間のようなバスでついにスカイツリーにでかけた。
おばたんは、まだ、スカイツリーに行ったことがなかったんだよ。
風防のある最前列に座ればよかった・・・
バスはふきっさらしの2階にしかシートがなくて、おばたんたちは寒さにふるえながら30分のバスに耐えた。
曇りがちだった空は、自称晴れ女のおばたん二人の魔力でだんだん晴れてきた。
河津桜が咲いていた

「きっともう来ないと思うから」と2060円支払って展望スカイデッキへ登ったおばたん。
スカイツリーの影が街に
「富士山が見えないのが残念」
まるで春霞のようにもやもやとして周りの山はどこも見えなかったそうだ。

右上奥がさいたま市方面だって
帰りはもう夕方になっていた。バスの中から遠ざかるツリーを見たらお腹に赤い灯がともりはじめていたんだって。
説明を追加

0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...