2017年3月11日土曜日

六年目の3.11

ここ、2,3日の天候があの年のあの時期の天候に似ているような気がして、去年より身に沁みる今日の夕方。
日暮れと共に雪が舞って東北の3月の夜は、やっと助かった人たちを更に凍えさせていたとか、津波に追い打ちをかける海の火災の真っ赤な炎の恐ろしさとか
映像を思い出しただけでこんなにドキドキするので、被災した人たちはどんなおもいで今日の日を思い出すだろうと思う。


最近、市内の小さいデパートがリニューアルした。
所沢西武は市内だけど、うちからは電車に乗らないと行けないので、「電車乗っちゃったら、もう池袋行っちゃうよね~」って感じだったのだが・・・
デパ地下ならぬデパイチとかで1階に充実のお菓子売り場が登場という噂を聞き下車。

「へぇ~、いい感じになったかも。都内より混んでなくてお買い物しやすいし・・・」と思いながらさまようおばたん。
「・・・あ、アンリも入ったんだ」
アンリ・シャルパンティエは芦屋にあるお菓子屋さん。本店は阪神芦屋駅のすぐそばだったと思う。
かわいい花柄の箱に「芦屋ゕら東北へ」のメッセージがついていた。
6年・・・・、忘れたがっているかもしれないし、どうしよう、今年もささやかなお見舞い送ろうかなやめた方がいいのかな…と迷う心をとん!と後押しされた。
神戸のお菓子屋さんがまだまだお見舞いしていいよ。っていうんならきっとまだ喜んでもらえるんだろう。よし、気持ちを送らせてもらおう。


こんな可愛い箱です


0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...