2015年12月23日水曜日

西武園ゆうえんち 幸子のイルミ

さて先のブログの最後で「行ってみたい」とおばたんが言っていた「幸子のイルミ」

「願いはきっとかなえられるよ!あははは!」とミッキーマウスが言っているように
おばたんの願いが昨日かなった。

場所はすぐご近所の「西武園ゆうえんち」





















点灯式前についてメイン会場を見下ろす。
小林幸子の声でアナウンスが入り、「幸子発光」という声と文字が闇に浮かびあがり、パパパパパパ・・・とまばゆいイルミが点灯した。
真ん中のツリーはいろいろに変化しておばたんのお気に入り

イルミはファンタジックで特に和風ではなかったが、幸子プロデュースのテーマは「花鳥風月」なのである。
メイン会場の完成度は高く電球の色、数の密度が高い。

小林幸子の新曲か本人一押しか?の歌唱と共に変化していくイルミネーション。
とてもきれいだった。けど
もっとクリスマスソングとか、クラシックとかの方が合ってるような気はしたが、それだとおばたんのように「幸子のイルミって何?何?」って思って吸い寄せられるお客がないわけだから、やっぱりこのミスマッチな感じが狙いで、成功したんだろうな。
パステルカラーの配色がきれい

手前の何気ないところもきれいでしょ

月がもう少し低かったら星になったのにな~
西武園遊園地に来るのは、子供の写生大会以来だった。
毎夏窓からここで打ち上げられる花火を見ては、西武園頑張れ!と応援し、
ディズニーシーへ行きながら、西武園がなくなったらいやだな・・・などと心配しているので、イルミだろうが花火だろうが頑張って存続してほしいと思っているの。
巨大テーマパークの一人勝ちみたいなのってよくないと思う。
ソリストだけのコーラスみたいな文化はあきまへんで!
おばたん、抑えて抑えて。

ところで「幸子」はどこにいるのか?
サチゴーラウンドという名前
「あ、いたいた」
「幸子」はメリーゴーランドの上にいた。
三蔵法師のように手を合わせている。
場所によっては観覧車の輪を背負って観音様のように見える。
ほら、観音様みたい

おばたんの妄想では
「地下から音楽と共にばば~んとせりあがった幸子に下の方から電飾がともり背中から羽が出て上昇・・・・」
だったんだけど、幸子は静かに微笑みながらメイン会場に集まる人々を見守っているだけだった。
宝くじにあたったらそんな幸子が見られるかもしれない。
でも、考えてみたら、ここではイルミネーションが主なのである。
幸子の変化が見たかったら紅白で見ればいいのだ。


ゲート付近には子供たちの愛した動物さんの乗り物が健在。
懐かしいな、かわいいな。
このくたっとちょっぴり汚れた感じがきゅん!です。
元気で活躍するんだよ!
お正月はぼく達に乗りに来てね

語りかけるパンダちゃん この表情にうるっとしませんか?



0 件のコメント:

コメントを投稿

すぽたんの黒部・立山アルペンルートの旅②称名の滝へ!

旅の二日目。目的地は称名の滝。 昨日の弥陀ヶ原からこの滝の辺りまでがラムサール条約の範囲。 この条約は湿地の保全を目的とした国際条約。(おばたんは、この条約名を思い出そうとすると必ずプルサーマル条約も思い出してしまうらしい。サ行とラ行が多いところしか似てないじゃないか) ...