2018年6月13日水曜日

フムフム、これがDragon Eyeか~

6月8日。
ボクとおばたんは、岩手県と秋田県の境にある八幡平にいた。
本州も梅雨入り、東北の空も雲に覆われて微妙だ。
おばたんの「晴れ女」パワー持つかなぁ。


八幡平は火山。爆発したときの火口に水がたまった沼があちこちにあるよ
多分シラネアオイ


サンカヨウ?

エンレイソウ?

ショウジョウバカマ?

クラブツーリズムのツアーに入ってここにいる。
この日の観光目玉は、くしくもDragon Eye。
 龍の目玉。

春先に申し込んだときにはなんだろう?と思った。
最近は、雪解けにまつわる自然現象としてテレビでよく紹介されている。

高山の池や沼に積もった雪が周辺部から融けて行って、真ん中が丸く残るんだね。
沼のそこには雪が残っているから空が写って瞳の白い、青い目ができる。
丸く溶け残っている時期に出会うかどうかは運。
「何日か前のツアーでは三日月型だったみたいなんですが、どうかしら?」
添乗員さんを追い抜いておばたん、雪の残る山道をドカドカ進む。
今回の荷物のメインはここを歩くためのスノーブーツだったんだ。
頂上に近く、風が強いので木々は背が低い。
あ、桜の樹もある。こんどこそ今季最後の桜だろう。
手前が桜。奥に白骨林

奥が秋田方向

林の間にまだ雪がある。結構黒く汚れてシャーベット状だよ

樹の間から雪のあいだに・・・


「あ~、これがドラゴンアイ!」


ドローンを飛ばしている人がいた。
確かに普通に横から撮ったんじゃ向こう側が写せず、龍眼 には見えないね。肉眼では丸くなってるのがわかったんだけど。

ふむふむ。
観光写真は、きっと青空の時に、汚れた雪の上をきれいに削って、ドローンで真上から撮ってるんだね。





0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...