2018年6月20日水曜日

チャグチャグ馬コに行きました

岩手への旅2日目は、チャグチャグ馬コ!

仙台に住んでいた時に隣県のこの行事を見て以来、いつか行きたいなあと憧れ、
数年前に当時岩手にいたコウロンから「チャグチャグ馬コ見たよ♡」という知らせを聞いて更に「行きたい~」と願っていたのだ。
願いは叶えるもの!
おばたんは、ついに出かけたのだ~!




朝8時過ぎ苗の揺れる田圃道を鬼越蒼前神社(Onikosi Souzenzinzya)に急ぐ。
道の馬糞を見つけてワクワク。
風に流れてくるいななきを聞いてワクワク。
神社の境内は着飾った馬たちでいっぱいだった。
馬の首にかけられた鳴り輪や衣装に100個もとりつけられた鈴が鳴って、なんとも賑やかで晴れがましい!
仔馬を連れた母馬が意外と多い。
「何歳なんですか?」
「何歳ってねぇ・・・3か月くらいだな。」
「ええ?まだそんななんですね!
来年はデビューするんですか?」
「うん。そうだな。」

甘えん坊の仔馬にママも心配そう
馬の上には絣に笠をかぶった女の子や、紺の半被にきりりと鉢巻をしめた男の子。
幼稚園児から小学校低学年くらいの子が多い。中には2歳か3歳くらいの子もいるがみんな馬上でキリリ、しゃんとしている。
馬たちは、サラブレッドとは全然違う。たくましくてとにかく脚が太い
興奮していななきバタバタしている馬もいるが子供たち、全然動じていないのがすごい。
美しい小荷駄装束の馬コと凛々しい少年!お姉ちゃんの衣装もかわいいね
馬たちは神前にお参りして出発して行った。

ここから14キロ歩いて休憩をはさんで、午後早くに隣町盛岡市の八幡神社に着くんだって。
仔馬たちもママからおっぱいをもらうんだね。
ボクとおばたんも3キロくらいついて歩いた。
あいにくこの日岩手山は見えなかったけど、80頭近い馬コの行列は、沿道にずっと続く応援の人たちに見守られて、ちゃんがちゃんがと鈴を鳴らしながら
「絵に描いたような日本」の中を進んでいったよ。
チャグチャグ馬コはもうそれ自体がファンタジーだ。
いってらっしゃ~い!子供たちも仔馬もがんばれ~!

蒼前神社近くの田んぼ左側の人だかりが人気の撮影ポイントらしいよ

馬コの歩みは意外と速いよ


南部と言われるこの地方は、古代から馬の名産地で、馬たちはとても大切にされてきた。
「つい最近までは(昭和?)南部曲がり家といわれる建物で、人と馬が同じ空間で暮らしていたんですけどね。」とガイドさん。
遠野物語の「おしらさま」の伝承もそんな生活の中から生まれたものだ。
でも、もう農耕に使われている馬コはいないそうだ。
「この祭りに出るために育ててる。」
「馬コかわいいからな。ペットと同じだ。」とおじさんたちが言っていた。

おばたんたちは、盛岡駅の近くで馬コ行列をお迎えした。
馬上の姫と騎士たち頑張っている。ほとんど寝ちゃっている子もいるけど、ほとんどの子が声援に応えて笑顔で手を振っている。仔馬たちもちゃんと来ているぞ。
馬コたちも行進にすっかり慣れて、いなないたり、駆けだしそうになったりしないでアスファルトの大通りを歩いている。(出発したばかりの時は、していた)
盛岡市内 城址近く パレードも終盤だ


盛岡を発つ間際に八幡神社の前を通ったら、きれいな飾りを取って素に戻った馬コと姫たち、御付きの人々が帰り支度をしていた。近在の馬コは歩いて、遠くから来た馬コは車で帰る。
「おつかれさま、また元気で来年も行進に加わってね。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ボクとおばたんは、馬コをみてとってもうれしかった!
でもこのうれしさは、なんだか哀しい気持ちにも似ていたよ。
長年の願いが叶っちゃったからなのか、馬コたちの過去未来になんか哀しいものが入っているからなのか、ファンタジーだからなのか

今でも思い浮かべると鼻の奥がつーんとしてくるんだよ。





















0 件のコメント:

コメントを投稿

虹のしっぽ展21th会期終了!ありがとうございました!

虹のしっぽ展は7日土曜日に会期を終えました。 関東地方は予想外に早い梅雨明けで、たくさんのお客様に来ていただきました。 来てくださったみなさん、遠くから応援してくださったみなさん、ありがとうございました! 最終日の朝 中はこんな感じです お花いただき...