2017年8月21日月曜日

ネコの額が見えない

この写真をご覧ください
あわれ、猫額園は、キンモクセイと、こうろんのビワ~と、百日紅に乗っ取られてしまいました。そのほかに鳥が運んできたナンテン、東大の構内で拾ってきて植えたら復活した銀杏、山椒、二見君にもらったソヨゴ、どっかのさくらまつりでもらってきた桜などなど
「樹」が虎視眈々と根を張り葉っぱをそよがせているのです。
この狭い庭で!
おそろしい!

さて、党首の骨折については以前にお話したかとも思うのですが、骨折をきっかけに坐骨神経痛を発症。
骨折よりこっちの方が痛いみたいで、歩行困難になってしまいました。
タクシーの手配、医者や介護サービスの予約、ケアマネさんや長野にいる支持者とのコンタクトなどなど、
「う~ん、ますます党首と秘書って感じ」

担当医師は「しばらく安静にして動かさない方がいい」
ケアマネさんは「動かないでいて他の機能が落ちるのが心配、リハビリもしましょう」
支持者は「ボクは整体で首の痛みがとれたから、ゴッドハンドの整体を受けさせよう」

どれがいいのかわかんないなあ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...