2016年8月4日木曜日

北海道新幹線はどうだったかというと・・・

北海道新幹線に乗ったおばたんとすぽたん。
 東海道新幹線には自由席と指定席(と、まあグリーン席なんてのもあるよね。おばたんには関係ないけどさ)があるが、東北新幹線、そして北海道新幹線にも「自由席」がない。
じゃあ指定券がないとのれないのか?っていうとそうでもなくて「立席特急券」っていうもので乗れるのですね。
原則「デッキとかに立って乗れる特急券」ってことなんだけど、実際は空席があったら座ってもいいけど指定券持ってる人が来たら速やかに立ち退いてね」という扱いみたいだ。

窓口のおねいさんが「その列車、かなりすいてますよ」というので、ケチなおばたんは指定を取らなかった。
で、座ったものの、小心者のおばたん、落ち着かない。
怖いおじさんがやってきて「おんどりゃ~くそばばぁ、おれっちの席で何してけつかる!
とっととどきやがれ!」とかいわれないかなぁ・・・とかビクビク。
おばたんみたいな人は指定を取った方がよかったね。

おばたんはグーグルマップをみながら海峡に潜る瞬間を待ち構えていたのだが、残念。
途中でグーグルさんに電波が届かなくなったのか??位置が表示されなくなってしまった。そして海中に潜る前から、トンネルがとても多いので、なんだかいつだかよくわからないうちに本州を離れ、北海道に上陸してしまっていたのであった。

これは言い換えれば、とっても快適だった・・・ということだね。
函館北斗駅在来線ホーム 

函館北斗駅は畑の中に突然立ってるんだ。
今はね。
ず~っとまえ、新横浜の駅がちょっとそんな感じだった。
今は、あれは記憶違いだったのかしら?と思うほど高いビルが立ち並んでるけど。
北斗駅もそんなふうになれるのかな。

後ろの席でポケモンを捕まえるのに夢中になっている若者の声を聞きながら
海沿いをず~~っと走って2時間。
伊達紋別についた。
ここは北の湘南といわれるリゾート地らしい。
おかあさんカンタートというイベントに参加したんだ
ここで1日半 ボクとおばたんは音楽三昧の時間を過ごした。

地元の子供たちの歓迎演奏

4人の講師の先生が3回開く、12講座から3つ選んで参加できる。2時間で2曲仕上げて、最後にステージにあがって成果発表するんだ

有珠山が見える 



大宮から新青森まで3時間。
新青森から函館北斗まで1時間。
函館北斗から伊達紋別まで2時間。(札幌までは3時間半か4時間??)

新幹線は速く、北海道は広いわ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...