2017年5月21日日曜日

フィンランドのタンペレフィルの演奏会に行ってきました

フィンランドというとフィンランディア。
タンペレというとムーミン。

北の国の音が好きでタンペレフィルが来日すると聞いて「行きたいなあ・・・でも終演後上野からの帰りが遠いなあ・・・」と二の足を踏んでいたら友達が「行こう行こう!」と言ってくれたので19日金曜日演奏会に行ってきました。
ムーミンとミイが演奏会の応援に来ていたよ


音楽室のシベリウスは髪の毛がなかったような・・・
このシベリウスはかっこいいです
ホールのライトがガラスに映り込んで北欧の夏の夜っぽい


フィンランド独立100周年ということで(たぶん)関係者がたくさん招待されているようで早目にS席を買ったのに右翼の「ほんとにS席?」みたいなところだったけど。
低音がずんずん響いて気持ちよかったからまあいいかな。
コントラバスが8本、チェロが10本くらい?ビオラもいっぱいで低音充実。
弦のtuttiがすごくよかった。
若い巻き毛の指揮者はずっと踊るように、舞うように指揮してて、北欧の妖しい妖精のようだったよ。
ヴァイオリンがひゅーんと高い空で鳴って、低音楽器は地吹雪のようで
「うん、これこれ!これが聴きたかったのよ~!」って感じだったよ~
フィンランディアはちょっと管楽器が自由な感じで、曲の弛みや詰めが独特で「あれ?こんな感じなんだ~」ってちょっと意外だったけど、2曲目のグリーグのピアノコンチェルトはピアニストが日本人だったのでなじみのある感じ、3曲目のシベリウスの2番は、弦とティンパニが素敵で聴きなれたCDより感動的だったよ。
大使館関係とか在留フィンランド人の人がたくさんいたけどきっと「あっ、故郷の音だ~!」って思ったことだろう・・・。そういうのって絶対あるよね。

初夏の上野で雪をいっぱい感じて帰って来ました。
このハンカチ600円+税なんだけど、会計の混雑緩和のためにとかで700円だったの。
値段設定、なんか、変!
でも、全部刺繍だし700円でもコスパはokと思って購入。
楽しい演奏会だったよ~!

0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...