2015年9月23日水曜日

秋の猫額園

世間はシルバーウイークである。
おばたんは毎日が夏休み、年中連休なので特に変わりない。
ただ、ここ数日晴れた日が続いているのが銀色に輝いている感じがする。
さあ、狭い庭も衣替えだわん!


今年最後のスチューベン君を摘み取った
園芸のお供の蚊取り君


ここにチューリップをぎゅうぎゅうづめに植えた
隣の垣根に侵攻していたチェリーセージを撤去。
バラを軽く剪定し根元に肥しをすきこむ、
チューリップやラナンキュラスを植え込む、
などなど秋の園芸作業を遂行。

本当はもっといろいろとっかえて趣味の園芸推奨の「秋花壇」を作りたいんだけど、
瀕死で夏を越した植物たちが、ここへきて
「わ~い、いい気候だ~」と次々に花咲き、葉茂り、枝伸ばし非常にうれしそうなのである。
ここで彼らをポイッチョ!・・・・は、できないよ~
というわけでオキザリスやシュウメイギクに交じってニチニチソウなんかも元気にしているよ。
ダリア 葉っぱばっかりで何度も抜いたろか!と思ったがついに咲いた

彼岸花の一味「たますだれ」が猫額園を席巻中。
球根で増えるのかと思っていたら、彼らは「タネ」という手段も、密かに行使していたのだった。白と黄色とピンクを植えたんだけど、現在ピンクは絶滅。白と黄色は増殖中・・・
どうやら、受粉した後、茎をやたらに伸ばして倒れた先でタネをまいて陣地を増やす・・・という方法で広がっているようだ。
春にはその技を「原種チューリップ」達も使っていた。


0 件のコメント:

コメントを投稿

大中恩先生が亡くなって・・・

娘が最初に覚えた歌が「さっちゃん」だった。 舌足らずの可愛い声で 「さっちゃんわえ~さっちこてう~ンだほんとらよ♪」 褒めるとどんどんレパートリーを増やし、2歳過ぎにはたいていの童謡は覚えていたので 「この子は天才ではないか???」と勘違いしたのも懐かしい。 去年...